転職サイトを利用するメリットがたくさんあります!

アルバイト薬剤師-転職は求人サイトを上手く使おう!

アルバイト薬剤師-転職は求人サイトを上手く使おう!

勉強と努力を無くして手にすることはできない「薬剤師」の資格ですが、薬剤師の資格をとった方全員が正社員として勤めるわけではありません。「ブランクがありいきなり正社員として働くのは少し恐れ多い」、「子育て中で常勤で働くのが難しい」、そんな方のために、アルバイト薬剤師という選択肢があります。

子育て中の薬剤師がバイトとして働くメリットは、働く曜日や時間帯をある程度自分で決められる点です。子供が小さければ小さいほど、母親として拘束される時間はおのずと増えてしまいます。保育園などの迎えの時間を気にしなければいけないし、休みの日は休みの日でしっかり家族の時間を過ごすこともとても大事です。
准看護師の転職を検討中の方

そしてもう一点、薬剤師の資格があるだけで、アルバイト雇用であっても時給がかなり良いという点です。他の業種のアルバイトと比較しても時給が高いのは明確ですが、さらにより良い時給の求人があります。

薬剤師が不足している地方の薬局や、緊急募集の求人であれば、アルバイトでも時給3,500円などのものがあります。時給2,000円の求人と比べると、単純に計算しても倍近くのお給料がもらえるわけです。時給が安いのと高いのでは仕事へのモチベーションも変わってきますよね。

病院やドラッグストアでは、夜勤専従のアルバイトの求人などもあります。時間と体力があるのであれば、夜勤で効率よく稼ぐのもひとつの手だと思います。日勤だけのアルバイトよりも、週に1、2回の夜勤をするだけで収入は断然よくなります。

この薬剤師のアルバイト、求人の件数こそ少ないものの、過去に勤務の経験がある方や薬剤師としてある程度のスキルがある方であれば、比較的高時給な病院での日勤や調剤薬局の求人もないわけではありません。

適度な時間と業務内容の一般的な時給で日勤のアルバイトとして働くか、多少の無理は承知の上でより高い時給のアルバイトを探すか、選び方はいくつもありますが、もしも高時給の求人を効率よく探したいのであれば、薬剤師の求人を専門で取り扱った求人情報サイトを活用してみましょう。

その中でも、薬剤師のアルバイト求人の情報を豊富に取り扱うサイトがおすすめです。しかし、こういったサイトで条件のいい職場を見つけたとしても、求人情報には載っていない部分、実際に働いてみなければ分からない、職場の環境について考えてみましょう。

普通の人は、休みの日以外の多くの時間を職場で過ごします。そういった環境の中で「人間関係」についての悩みはあとを絶えません。アルバイトとして勤める薬剤師の悩みの中で、特有でありデメリットとなるのが、常勤の薬剤師との人間関係です。

常勤であろうとアルバイトであろうと、薬剤師としての資格をもって働いていることには変わりはありません。勤務時間には差がありますが、上司や部下のような関係にはならないことがほとんどでしょう。

しかし、上下関係がないにも関わらず仕事を区別されたり、横暴な態度や傲慢な指示をされたりと、納得のいかない状況に陥ることも少なくありません。その上、上司もそのような状況を見て見ぬ振りをして、改善を見込めないケースがあるのが現状です。

時給がいいというだけで職場を選んで、我慢して働き続けても、ストレスを抱え込んでしまってはよくありません。お給料で職場を考えることももちろん大切ですが、職場の環境や人間関係などにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

精神科の薬剤師の実態とは?

精神科というと、医師も看護師も結構仕事が大変な診療科です。 しかし、薬剤師の場合、精神科薬剤師を希望している人って意外と多いそうです。

「薬を調剤するだけだから…。」と思っている人もいるかもしれませんが、精神科薬剤師は医師や看護師と同じく、普通よりも結構大変なのが現実です。

まず、精神科の薬剤師はコミュニケーション能力が高く、そして精神に関する知識が無ければ務まりません。 そして、少しのことで傷ついてしまう、ちょっとしたことで弱ってしまうような気の弱い人は、精神科薬剤師は目指さないほうが良いでしょう。

精神科で勤務する場合は、心の強い人でなければ務まりません。 精神科の患者さんの精神状態は、軽度だろうと重度だろうと異常があることは事実です。 よく患者さんの立場に立って考えなさいと言われると思いますが、精神科では患者さんの立場で物事を考えることは危険です。

特に感受性の強い人の場合は、精神状態が患者さんと似てきてしまうこともあり、できれば何事にも動じないくらいの人が向いています。 もしくは、患者さんのことをしっかり理解できるが、ある程度のラインを引いて接することが出来る人が望ましいでしょう。

そして、通常の診療科とは精神状態が違う患者さんと接することになりますので、その分うつ病になるリスクが高まります。 精神科で勤務することになって、うつ病になってしまった薬剤師ってかなりいるようです。

うつ病なんて怖くない、別にどんなことを言われても、どんな光景を見てもなんとも思わない。 それくらい精神の強い人が、精神科には必要なのです。

ここで、不安を抱いてしまったら、やはり精神科は諦めるべきです。 不安も何も感じない、むしろ色々な経験ができて楽しそうだと思えた人は、是非精神科の薬剤師を目指してみてください。 薬剤師の求人サイトでは、精神科の薬剤師の求人も多数出されています。

精神科は確かに大変ですが、乗り越えればとてもよい経験になることは確かです。 精神力が鍛えられることも確かですし、確実に自分の力になると思います。

精神科の薬剤師を目指す人は、ポジティブな心を忘れずに、前向きに挑戦してみてください。

薬剤師の転職理由

職場の人間関係が原因の場合、薬剤師は1人で開業することはできませんから、ほかの業種の転職と同じように、「表向きは」前向きな転職理由を探すこととなります。転職理由が、その薬剤師本人にあるのならば、どういう転職をしたとしても、根本が解決されないのですから、結局は同じことになってしまいます。

逆に、薬剤師独自の理由、つまり、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などの特殊性によるものであれば、転職も前向きで有効なものとなるかと思います。

たとえば、ドラッグストアで、接客や商品管理などの薬剤以外の仕事が重荷になっている場合などは、薬剤に専念できる調剤薬局などへの転職は有効なものになります。薬剤だけでは物足りず、もっとお客様と接したいのであれば、ドラッグストアへの転職も選択肢になるでしょう。

薬剤師については、現在でも「売り手」市場とされています。つまり、そのほかの業種の人と比べて、自分の条件に合ったところへの就職が比較的容易であるようです。ただ、自分自身のライフプランや、今後のキャリアアップなどをきっちりと考え、間違いのない選択肢にしなければなりません。

なによりも大切なのは、前向きで堅実な思考と、常に外へのアンテナを張る俊敏さです。さまざまな情報に常に接しながら、自分の能力を発揮し、なお、目的に合った職場を探していきたいものです。短いスパンでの転職は、一般のそれと同じでマイナスになりますので、そこは注意してください。

copyright 2013 アルバイト薬剤師 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。